みんな知ってる地元のパン屋で働こう

みんな知ってる
地元のパン屋で
働こう

岡山木村屋のパン

岡山木村屋のパン

岡山木村屋のバナナクリームロール
人気No.1!

バナナクリームロール

やわらかいロールパンに、オリジナルのバナナクリームをサンド。岡山木村屋の代名詞ともいわれています。黄色のレトロなパッケージも相まって、県外でも注目度が高まってます。

梶谷食品のシガーフライ
愛され続けるロングセラー商品

シガーフライ

梶谷食品が半世紀以上販売しているお菓子。小麦粉をじっくり練り、高温で焼き上げたビスケットは、シンプルで飽きのこない味です。バナナクリームロールとのコラボ商品もあります。

岡山木村屋の酒種あんぱん
岡山木村屋の代名詞

酒種あんぱん

1944年の創業時から販売している、岡山木村屋の看板商品。イーストを使わず、日本酒の醸造に使う酒種を用いて、独自の技術で生地を自然熟成発酵させた、独特の味わいの逸品です。

インタビュー

インタビュー

パート販売 勤続6年 K.N.さん

パート販売勤続6年 K.N.さん

学校事務を経て、製本工場で勤務している時、実家の農業で人手が足りず、やむなく退職しました。人手を見つけ、求人を探した6年前の条件は、自転車か徒歩での通勤圏で、社員雇用は難しかったです。
岡山木村屋は、地元の安定企業という印象で、よくパンを買いました。休みの融通が利くのが実家を手伝う私に合っていると思い、自宅近くの店舗にアルバイトで入ったんです。2年後、社会保険のある、長時間勤務が可能なパート社員になりました。
働くうちに、食の知識が増えるので、友達やお客さまとのコミュニケーション、食生活に役立ち、仕事は楽しいです。

パート販売勤続6年 K.N.さん 仕事の様子

木村屋に入った2年後に結婚。3年目に子どもができました。パートでも育休制度が使えるので、利用したところ早々に保育園が決まって。規定より半年早く復職しました。今は店舗を移り、5:30~10:00か10:00~15:00の短時間勤務です。
仕事は接客や予約の対応、食パンのスライス、店内の軽作業が主です。
子どもが乳幼児の時は、急病でお休みし、迷惑をかけましたが、店舗スタッフには子育ての先輩も多く、いつもフォローしてくれて感謝です。
子どもがもう少し大きくなれば、復帰前の8時間勤務に戻したいと考えています。今4歳なので、小学校高学年くらいになるかな、と心待ちにしています。

パート販売勤続6年 K.N.さん 仕事の様子
正社員 販売勤続20年 O.C.さん

正社員販売勤続20年 O.C.さん

前職は好きなケーキの販売をしていたので、今度は好きなパンに関わりたくて、岡山木村屋でパートを始めました。5年後、決まったお給料とボーナスにひかれて社員に。正社員になって5店舗を異動して最近、今の店舗に来ました。仕事はレジ打ち、品出し、接客のほか、シフト管理も担当です。大学生から60代まで10人以上スタッフがいる店なので、シフト組みはいつも悩みます。それともう一つ、頭を悩ませるのが“発注”です。どのパンをいくつ注文するか、20種以上について検討します。お天気、曜日、前週の売上などを参考にしますが、これが結構、時間がかかる作業なんです。

正社員販売勤続20年 O.C.さん 仕事の様子

岡山木村屋に入社して20年、自分でもその長さに驚きます。スタッフがいい方ばかりで、シフトの自由度が高いことが、長く続いた理由だと思います。それと私は焼き立てパンの香りが好き。癒されるんです。木村屋で働く最大の理由はそこかもしれません。お昼前、パンの香りに包まれると、「お昼はあのパンにしよう!それまであと少しだ」とモチベーションも上げられます。
当面の目標はこの店舗に早く慣れて、作業スピードを上げること。そうしてまとまった休みを取れたら、好きな旅行で気分転換したいですね。

正社員販売勤続20年 O.C.さん 仕事の様子
パートパン製造勤続3年 F.E.さん

パートパン製造勤続3年 F.E.さん

20代で派遣の仕事をしていましたが10年前、派遣切りに遭いました。飲食業界で仕事をしながら、長く働ける会社を探したんです。そんななか岡山木村屋の求人を見てパン製造に興味が湧き、勤務が夜中心という点も、飲食業で慣れている自分向きだと思い、応募しました。面接の際、パートでも規定を満たせば社会保険が付くと丁寧に説明された点も好印象でした。
現在の担当は、成形された生地を窯に入れて焼き上げ、袋詰めのセクションに送る、“オーブン”です。未経験でしたが、3カ月研修の後、マンツーマン指導があり、自分は仕事に向いていたのか、2週間未満で独り立ちできました。

パート パン製造勤続3年 F.E.さん 仕事の様子

パンは同じ種類でも中の具や、その日の気温、湿度によって、焼成時間や焼成温度が変わるんです。窯を逐一チェックしながら、調整して焼き上げます。完成しても市場に出せないと判断したら自分でも省きます。
勤務は土日を含む週5日。木村屋では週ごとにシフトを決められるので、用事のある日を休日にすれば、有休を取得する必要がなく、働きやすいです。自分の焼いたパンを店頭で見ると、やりがいもアップします。同時に、販売価格を見て「この価格を無駄にしたらいけない、失敗しないようにしなきゃ」と気を引き締めることも。今は、焼いたパンを100%、店頭に送り出すのが目標です。

パート パン製造勤続3年 F.E.さん 仕事の様子
パート 配送 勤続7年 O.H.さん

パート配送勤続7年 O.H.さん

長く自動車関連業に携わってきたので、別の業界が知りたい、と思ったのが求人を探すきっかけでした。仕事の内容は前職と同様のドライバー、幼少の時から食べている木村屋のパンですから会社に安心感もあり、応募を決めました。
仕事はパンのデリバリーです。朝4:15の出勤ですから、3時前に起きます。生活のリズムができるまでには、約ひと月かかりましたね。
配送先は木村屋の直営店舗以外にも、スーパーやプロサッカーのイベント会場などもあります。配達するルートは毎日同じでもOKですが、何かの時に対応できるように、全ルートを経験しています。

パート 配送 勤続7年 O.H.さん 仕事の様子

配送先は1日10~20軒。「このパンおいしかったよ」「お疲れ様」などと配送先の人に声をかけられたり、「これ飲んで」とドリンクをいただくことがあります。そんな時はこの仕事をしてよかったと感じますね。
配送が終わり、会社に戻ればひと息つけます。同じ部署は20~50代まで年齢層は幅広く、みんな仲が良く、よく話すので自然と情報共有ができる。仕事でイレギュラーがあっても迅速に対応できるのはそのおかげですね。女性もいます。体力に合わせて配慮してくれるので、働きやすいと思いますよ。
私は65歳の定年まで、ここで身につけたデリバリーのコツを後輩に伝えていきたいです。

パート 配送 勤続7年 O.H.さん 仕事の様子